ここから本文です

4D超音波検査

    4D超音波診断装置とは、静止画像である3D超音波診断装置と違い、リアルタイム(実時間)に動いている胎児を写し出せる動画像です。この診断装置を使うと、背伸びをしたり、あくびをしている胎児の様子を立体的に見ることが可能です。
     当院では最新鋭の超音波診断装置GE Healthcare Voluson E8 Expertを導入しています。最高画質&最高速度でお腹の赤ちゃんの3D画像を動く立体像(4D画像)で見る事が可能です。お母さんのお腹にいる赤ちゃんの表情や手足の細かな動きまでリアルタイムで見る事が出来ます。おなかの中で色々な動きを見せる赤ちゃんとのエコーを通しての出会いはとても感動的です。
    また、赤ちゃんの心臓の早い動きにも対応ができ、早期に的確な診断が出来るようになりました。

    赤ちゃんの位置や向き、羊水の量などによって画像化できない事もございますのでご了承下さい。

USBメモリー録画サービス

    妊婦健診時、4D超音波断層撮影法検査における赤ちゃんの動画映像をUSBメモリに保存できます。ご希望の方はお名前をご記入の上、ご持参ください。

    USBメモリは当院受付でも購入できます。(USB3.0 8GB、1,500円)

当月の予定

ページトップへ